引越し相談|田無の賃貸マンションや物件情報のことならインターネット不動産

田無の賃貸・売買・物件情報のことならインターネット不動産 お問合せ 会社概要 お気に入り
 
 
☆普段からの整理整頓!
いざ引越しと決まってから家財道具を整理する方が多いようです。普段から不用品は処分しておきましょう。あれもこれも持っていきたいと思ってしまいがちですが、引越し先のスペースや、引越しすると必ず新しいものを揃えたくなりがちなものです。思いきって荷物の整理をした方が引越し先の部屋の配置もスッキリするのではないでしょうか。引越しは普段の心構えが大切です。
 
☆引越しプランを立てましょう
引越しが決まったらなるべく早く準備することです。約2週間ぐらいあれば充分です。 まず、
・引越しを依頼する引越センターの選定
・輸送方法
・2週間前に済ませておきたいこと
・1週間前のスケジュール
・荷造りの方法・用意したい梱包材料
・引越し先での受入れ態勢 引越費用の概算
以上のことについて計画を立ててください。もしわからないことがあれば当社までお問い合わせください。
 
手続き項目 手続き内容
1ヶ月前からの準備 1.家主に連絡
2.住民登録などの諸手続き
3.電話移設の申し込み
4.ガス・電気器具の調整依頼
5.転居先の見取り図の作成
6.転校手続き
3週間〜10日前 当社で見積り依頼のご登録を!
1週間前 公共料金、受信料、新聞等出入りの業者さんと話し合って代金の精算の打ち合わせをませましょう。
4日前 この日は荷物の整理日にあてましょう。使えないものはゴミとして捨てます。量が多いときは、収集日の3日前までにゴミの質・量を知らせると、直接収集に来てくれます。処分にお困りのときは、引越センターへご相談ください。
3日前 小物の整理は意外に手間取るものです。スーパーやコンビニで中古の段ボールを安く譲ってもらうのも一つの方法です。
2日前 どの部屋にどの家具を入れるか、新居の見取り図を参考に家具の配置計画を立てておくと搬入の際に便利です。部屋ごとに色分けして配置する家具をメモし、それにしたがって荷物に色分けした荷札をつけると、搬入の作業がはかどります。引越センターの作業員にも1枚お渡しください。
前日 自分で荷造りできないものは、すべて引越センターにまかせるとよいでしょう。 翌朝までに使うもの以外はすべて荷造りします。出発時に必要な現金を用意し、貴重品類、重要書類など携帯品をまとめておきましょう。もう一度、電力会社、ガス会社、水道局などへ連絡しておきましょう。 翌日に備えて十分に睡眠をとるよう、早めにお休みになってください。
引越し当日 いよいよ新居に向かって出発です。指定の時間にJMNの車が到着したら、ドライバーと作業員につぎのことを指示してください。
・ワレモノ・取扱注意品
・別送品・不用品の区別
・転居先の地図・新居の間取り
・家具の配置計画書
トラックが出発した後は、旧居の掃除をして隣近所へお別れの挨拶をしてください。
引越し当日 新居にて

新居では、作業員が家具の配置図または指示にしたがって、各部屋ごとに荷物の搬入および据付けをします。搬入が済みましたら受け取った荷物の確認をし、さしあたり使用する日用品から荷解きにかかります。
・万一、家具やガラスの損傷など事故を発見したら、すぐに作業員に申し出てください。
・到着後、時間が経過しますと事故の状態が不明確になります。
・電気、ガス、水道の各社に新規申し込みを。
やっと引越しが終わりました。引越センターの作業員に運賃の精算をしてください。
新居での生活が1日でも早くなじむよう、また、ご近所への挨拶も忘れずに。

 
引越しの諸手続き
手続き項目 手続き内容
学校

在籍の学校・幼稚園の転校・転園先への手続き必要な転校届や転園手続き。

引越し業者 引越し見積りの依頼。選定した運送業者との打ち合わせ。
電話 NTTなら「116」へ電話し、引越し予定日等の連絡と新しい電話番号の確認。電話を売却する場合、旧住所の所轄局で名義変更手続き。
国際電話 所轄の営業所へ連絡、KDDならフリーダイヤル0057。
粗大ゴミ 所轄の清掃事務所等へ早めに連絡し、収集日時・場所や料金の有無と料金の支払方法の確認。
役所 「転出届け」を提出し、転出証明書を受理14日前から受付国民健康保険加入者は、旧保険証を提出。
郵便局 旧住所の郵便局に転送届を提出(郵送でも可)郵便貯金口座や簡易保険がある場合、住所変更手続き。
挨拶状 新住所の誤記等を確認。
銀行 住所変更届けを提出口座を移管する場合、移管先で移管手続き生命保険、クレジット会社当への住所変更届けを提出。
ガス 旧住所の供給停止日・新住所の供給開始日を、管轄各支店へ電話連絡、遅くても前日までに、供給開始日は立会が必要です。所轄の支店にガス器具の適正を確認。
電気 旧住所の営業所へ連絡、新住所にて「電気使用連絡ハガキ」を投函。
新・旧管轄各営業所に電気器具の適正を確認
水道 旧住所の管轄水道局に連絡。
NHK フリーダイヤル0120-151515に連絡、もしくはお近くの郵便局で備え付けのNHK住所変更届を記入の上、窓口に提出。
衛星放送 NHKなら上記の通り、WOWOWならWOWOWカスタマーセンター045-683-8080に連絡して、手続きの確認。
ケーブルテレビ 所轄営業所に連絡をして、手続きを確認。
インターネット 契約プロバイダーに連絡して、住所変更、アクセスポイント等の変更。
新聞 連絡を行い精算。
通信講座 受講会社に連絡をして、住所変更手続き。
引越し時の立会 段取り通り行われてるか確認。
運転免許証 新住所の管轄警察署の交通課窓口などへ、運転免許証の住所変更手続き、車を持っている場合は、車庫証明の手続き。
役所 「転入届」の提出、転入日14日以内(代理人も可)。国民年金加入者は、住所書き換え。国民健康保険加入者は、新保険証の入手(転入届提出後1週間〜10日)。